時計仕掛けのアポカリプス【ユナカ・ギースベルト】攻略直後の感想

この記事は約4分で読めます。
Nintendo Switch用ソフト 
ブランド:アイディアファクトリー 
ジャンル:女性向け恋愛AVG 
発売日:2021年4月22日 
通常版:7,150円(税込)

オトメイトさんのNintendo Switch用ソフト「時計仕掛けのアポカリプス」で野上翔さん演じるキャラクター、ユナカ・ギースベルトの攻略直後の感想をまとめました。

スポンサーリンク

キャラクター紹介

※「時計仕掛けのアポカリプス」は乙女ゲーム制作ブランド『オトメイト』の作品です。
 バナーの画像はこちらからお借りしております。

CVは野上翔さん。
パン屋の息子で、主人公の幼馴染

父をハイドラ病で亡くし、母が一人忙しくパン屋を切り盛りしていた為、愛情に飢えた幼少期を送っていた。
そんな時、花畑で青い薔薇を彼女と見つけた事がキッカケで親しくなった。

ずっとひとりぼっちだった彼は、彼女と出会いルデルとも幼馴染となり、街の人たちとも少しずつ打ち解けるように。

感想

ユナカの感想を攻略直後の興奮のままつらつらとまとめてみたいと思います。

泣けました

凄い泣けました。
知らない所で、あんなに頑張ってくれてたなんて

青い薔薇を見た時のリアクションとか、彼女の様子の変化に対する態度とか。
また彼が箱を落とした時もありましたので、予想はしてました。
予想はしてたけど、予想外の点も多かったです。
そこも良かったですね!
本当にシナリオうまいと思います。

あの彼女はもしや…

箱の外にいる彼女がお話に絡んでくるのもビックリしました。
ジル編で色々分かるじゃないですか?
それをうまく利用しているな…と。

最初は本人の言うような存在かと思いました。
けれど要所要所にヒントかな?と思われるものがあって。
そこから私が導き出した答えは、ジル編のhappyの続きなのかな?と。

そうだったら素敵だし、そうかな?と思える関わり方も、うまいなって思いました。

やるな

他のキャラはバッド前に感想書いてしまいましたが、ユナカはバッドも攻略済みです。
今回二つ目のバッド、なんか凄かったです!

一瞬、むしろハッピーエンドじゃない?ってなりました。
流れ的に、最後の再会とか、本当に好みで。
だからハッピーより好きかも?と思いましたが、そこで終わらせてはくれず(笑)
やっぱりなんとも言えない余韻を残す感じに終わらせるあたりも、「やるな」と思いました(笑)

暗闇の中のユナカの呟きが、いい感じに余韻を残しましたよね!!
本当何から何まで上手いなって思いました。

シナリオは大変好み

シナリオは本当に感動したし、上手いな!って素直に褒め称えたいです。
キャラとしてユナカが好きかと聞かれると、そこまででも(笑)

でも今回はユナカ視点になるシーンがありまして、そこでだいぶランクアップしてくれました。
けれど年上のお二人もいい感じに力になってくれたので、やっぱり私の好みと言う話だと、クアトさんとリアンさんかな?

けれどユナカは素敵な人だと思います。
親しくなる人全てに責任を負おうとして。
だから多くと親しくならない。
何かあった時に、ちゃんと守ってやれるだけ、助けられるだけ。
それだけの数しか親しくならない。

彼のそう言う部分に、心が震えました。
素敵な人だなって。

つまり、クアトさんやリアンさんと比べると、そちらの方が好みですが、ちゃんとユナカも素敵だよ…と言うことです(笑)

ネタバレ(あらすじ)

別サイトにまとめました。

404 NOT FOUND | 感想とネタバレで綴る、元彼達の好きなトコ
プレイした乙女ゲームの感想とネタバレを備忘録的に。
404 NOT FOUND | 感想とネタバレで綴る、元彼達の好きなトコ
プレイした乙女ゲームの感想とネタバレを備忘録的に。

その他のキャラの感想

ルデル・クロイツ

リアン・イェブラム

クアト・ヘルトリング

ジル・ハニッシュ

真相

タイトルとURLをコピーしました